【泉佐野市除外継続】一部のずるい自治体に税収を奪われて弱小自治体はさらに税収を減らした

【泉佐野市除外継続】一部のずるい自治体に税収を奪われて弱小自治体はさらに税収を減らした

こんにちはカスチクです

泉佐野市のやり方には疑問があるけど

Amazonギフトカードほしい

 

 

 

総務省ふるさと納税新制度への大阪府泉佐野市

参加を認めず、引き続き除外する方針です

参加を求めて泉佐野市が反発するのは必至です

 

判断に不服があれば総務相を相手取って提訴

できるので法廷闘争に発展する可能性は高いです

泉佐野市は新制度が始まる以前に不適切な寄付集め

をしたとして除外されました

 

 

公平性を考慮した総務省

 

ふるさと納税の新制度から、泉佐野市が除外される

公算が大きくなっています

総務省が強硬姿勢を貫く背景には、多くの自治体が

泉佐野市へ不信を募らせているのと、除外決定を

覆せば他の自治体の不満が爆発して統制が

とれなくなり制度の崩壊につながるとの

強い危機感があります

 

ふるさと納税は寄付額に応じて居住地に納める税金

が減るので、自治体間で歳入を奪い合うことに

なります

ふるさと納税返礼品競争が加熱して総務省は全国の

自治体に過度な返礼品をやめるように要請しました

それに従い、全国のほとんどのまともな自治体は

過度な返礼品をやめました

 

しかし、モラルのない自分達のことしか考えない器

の狭い自治体は過度の返礼品を続けました

ちなみに総務省に除外された自治体は

大阪府泉佐野市、静岡県小山町、和歌山県高野町

佐賀県みやき町です

 

泉佐野市が2018年度に全国トップの498億円

荒稼ぎした裏で、泉佐野市に寄付した人が住む

自治体は過疎地を含めて税収が減りました

 

ただ、税収減の自治体は奪われた税金が泉佐野市の

地域活性のために有効に使用されていれば、企画力

で敗北したと認めるしかありません

 

しかし、泉佐野市の寄付金の多くはアマゾンの

ギフト券に化けて、地元に全てのお金が

使われたわけではありません

なぜか関係のないアマゾンが大儲けしちゃいました

この行為に全国の自治体は不満を募らせました

 

ふるさと納税の意義

 

ふるさと納税は税収の少ない地方自治体を

助けるためにできた制度です

しかし、現状は一部のずるい自治体に税収を

奪われて弱小自治体はさらに税収を減らして

しまいました

 

最初から返礼品はその自治体に関係のある品のみに

するべきでした

ふるさと納税のせいで地方自治体の税収が減少して

アマゾンが儲けているのでは全く意味がありません

また、寄付金のほとんどが返礼品になって寄付者に

戻るのも意味がありません

 

ふるさと納税の返礼品は地場産品で寄付額の

30%以下などの条件をつけるのが妥当です

新制度でのふるさと納税が適正に地方自治体の

ために機能することを期待します

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


株式ランキング

↑いつも読んでくださりありがとうございます