【低金利下の住宅購入】身の丈に合わないローンで残るのは借金まみれになった未来

【低金利下の住宅購入】身の丈に合わないローンで残るのは借金まみれになった未来

こんにちはカスチクです

銀行とは借りる方では付き合わない方がよい

 

 

 

かつてない低金利が続いています

市場金利の指標として使われている10年物の

国債の利回りはマイナス0.2%まで下がりました

 

物価上昇率0.8%であるとすれば、物価も

織り込んだ実質金利はマイナス1%になります

政府が新たに1兆円赤字を出して借金を増やすと

それによって1年で実質的に100億円が政府に

入ってくる計算になります

お金を借りている人に金利が支払われるという

不思議なことになっています

 

 

住宅ローンが組みやすい

 

超低金利の状態は人々の行動にも大きな影響を

及ぼしています

住宅ローンを借りる金利負担が軽くなっているので

その分、価格が高い住宅を購入する傾向が

強くなっています

 

35年以上前住宅ローンの金利は8%くらいでした

2000万円借りたとして、翌年から毎年160万円

金利がかかってきます

仮に毎月16万円も返済をしたとしても、その中の

160万円は金利に消えますので、元本は1年

32万円しか減りません

 

実際、住宅ローンの返済を頑張っても、大半が

利払いに消えて、元本はなかなか減りません

現在は住宅ローンがものすごく安いです

10年の固定ローンでも0.6%程度です

 

仮に2000万円借りたとすると、年間の金利負担は

12万円にしかなりません

月々だと1万円の金利負担になります

35年前の金利負担が年間160万円だったのと

比べるとものすごく安いです

 

これだけ低金利が続くことは銀行にとっては

厳しい話ですが、住宅ローンを利用する人に

とってはありがたいです

 

低金利のデメリット

 

本当に家が買いやすい状況になっています

しかし、悪い面もあります

金利が非常に低くなったことで、以前よりも多くの

お金を借りることができるようになりました

見栄っ張りの人は少し高くても、条件のいい住宅を

購入しようとして以前よりも高額の借金をする人が

増えています

 

住宅メーカーの営業マンの口車に乗せられてより

高い価格の住宅を購入する人が増えたことで

住宅価格が引き上げられる傾向にあります

せっかくローン金利が低くくなって住宅ローンの

負担が減っても、その分だけ住宅価格が高くなって

しまっています

結果的に若い世代の抱える住宅ローンの金額が

以前よりも多くなってしまっています

 

金利が異常に低い状態が続けば、経済や私たちの

生活にも影響が出ます

2019年現在では景気が悪化の方向へ動いています

米中貿易摩擦は日本経済にも大きなマイナスの

影響をもたらしています

円高も進んでいます

 

リーマンショックから10年以上たっているので

いつリセッション入りしてもおかしくない状況です

こういう時期だからこそ、自分の身の丈以上の

住宅や車などを購入していると、将来に大きな

禍根を残します

 

見栄を張っても、いい気分になれるのは

わずかな期間だけですぐに慣れてしまいます

住宅ローンはみんなしているから当たり前の

ことになっています

 

しかし、実際は大きな借金を抱えているだけで

銀行に抵当権をつけられて家は完全に

自分のものではありません

ローンの返済が滞れば、すぐに銀行に家を

とられてしまいます

 

身の丈に合わないローンを組めば、残るのは

借金まみれになった未来です

 

【スルガ銀行株主総会】詐欺銀行とアホシェアハウスオーナーの争い

【野村ホールディングス赤字】悪質な証券会社や銀行は低迷していく

【メガバンク採用減】AIの普及で無能銀行員は淘汰される

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


株式ランキング

↑いつも読んでくださりありがとうございます