【リクナビ問題】リクナビは学生の信頼を失った

【リクナビ問題】リクナビは学生の信頼を失った

こんにちはカスチクです

リクルートキャリアのような企業に個人情報を

渡すのは恐ろしい

 

 

 

大手就職情報サイトのリクナビが就職活動の

内定辞退予測データを企業に販売して多くの学生が

知らないうちに企業が採用面で利用していたと

される問題で、運営するリクルートキャリア

このサービスを廃止しました

 

個人データの活用は企業戦略の柱になります

市場リサーチや営業戦略に限らず、人事や

採用面でも、その長所を生かし効率化を進める

必要性はあります

 

そういう面では個人データは宝の山です

しかし、他人には知られたくないプライバシーが

含まれる情報だけに、データの使い方を誤れば

取り返しのつかない事態を招きます

 

すでにリクルートキャリアは信用失墜という

取り返しのつかない事態になっています

個人データの活用を進めるのならば、より高度な

倫理規範が求められます

 

 

リクナビ信用失墜

 

リクナビには3万社以上が掲載され、約80万人

学生が登録しています

企業情報の閲覧、説明会やインターシップの

申し込み、エントリーシートの提出などで

利用しています

 

同社はこのサイトに蓄積された学生の閲覧履歴や

志望動機などを基に、Alで内定を辞退する確率を

推計しました

 

このデータをトヨタ自動車京セラといった学生に

人気のある有名企業に販売していました

リクナビは学生のためのサイトと見せかけて

学生にとって不利になりかねない情報を企業に

売り付けていました

 

問題が発覚して以降、同サイトを利用していた

学生は個人データを悪質な企業にとられている

ことに不安を感じています

 

リクナビは学生の信頼を失いました

個人情報保護法を違反しているリクルートキャリア

は問題の全容を明らかにして、学生に説明する

義務があります

 

また、内定辞退率予測を購入した企業も問題が

あります

しかも、自分の会社に応募してきた学生のデータを

分析用としてリクルートキャリアに渡していました

政府は購入企業も含めて調査を行い、結果を国民に

公表するべきです

 

リクナビを反面教師に

 

個人データを活用したビジネスは分野や地域を

越えて広がっています

それに伴い、ルール整備は急務です

3年ごとに見直される個人情報保護法は来年も

改正される予定です

 

そこでは個人データの保護を強化して

もらいたいです

Alにより大量のデータを分析して、新たな価値を

つくりだすビジネスは、今後もさらに広がります

消費者も自分が発信する個人データにこれまで

以上に気を使うことが求められます

 

それにはリクルートキャリアのような、平気で

個人情報保護法を破るような企業に自分の

個人データを簡単に渡さないことが大切です

 

【リクナビ同意なし個人情報販売】学生の個人情報はただの金儲けの道具

【リクナビ個人情報販売】個人データを無許可で企業へ販売

【野村HD情報漏洩】変わらない悪徳体質

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


株式ランキング

↑いつも読んでくださりありがとうございます