【アメリカ百貨店閉鎖続く】インターネット通販の利用拡大で百貨店ビジネスは正念場

【アメリカ百貨店閉鎖続く】インターネット通販の利用拡大で百貨店ビジネスは正念場

こんにちはカスチクです

最近はショッピングモールばかりでデパート行かない

 

 

 

アメリカで老舗百貨店の経営が苦笑に陥り

店舗の閉鎖が続いています

Amazonなどインターネット通販の利用拡大で

昔ながらの店舗は集客力が衰え、採算が悪化しました

百貨店ビジネスは正念場を迎えていて淘汰が進みます

 

淘汰が進むアメリカ百貨店

 

破産法の申請を発表した高級百貨店チェーンの

バーニーズ・ニューヨークは小売業の経営環境は

厳しく、財務状況が著しく悪くなったと声明文で

述べました

 

 

バーニーズ・ニューヨークは1923年創業

ニューヨークの小売業の象徴とされてきました

ニューヨークの旗艦店の営業は続けるものの

全米22店舗のうち15店舗を閉鎖しました

 

当面の運転資金のスポンサーを探しています

アメリカ老舗百貨店を巡ってはかつて業界首位の

シアーズ・ホールディングス2018年10月

破綻しました

 

2019年に入り、日本人観光客にも人気だった

ヘンリ・ベンデルが全店舗を閉店し

ロード&テイラー100年以上の歴史を持つ

ニューヨークの旗艦店を閉じました

 

インターネットが普及しだした頃はここまで

いろんな業種で産業構造に変化を与えることは

想像もしていませんでした

 

環境適応できる企業しか生き残れない

 

新しい世代の買い物客はデジタル端末で商品を

比べるようになり、百貨店は客にアピールする力を

失っています

デジタル世代への対応が生き残りの鍵になっています

環境に適応できず、昔ながらの経営しかできない

百貨店は著しく業績を悪化させました

 

しかし、すべての百貨店がそうではありません

業績が底堅い百貨店チェーンのゴールズ

Amazonで購入した商品の返品を店舗で受け付ける

サービスを1100超の店舗に広げました

 

返品客にはゴールズの割引券を渡すなどして

デジタル世代にも積極的にアピールをして集客力の

向上を狙います

産業構造の変化を敏感に嗅ぎとり、時代に

あわせて新しい手を打っています

 

百貨店の最優先事項は店舗への客の出入りをいかに

増やすかです

店舗にさえ来てもらえば魅力的な商品を実物で

見ることができます

 

画像でしか見れないインターネットに勝る点です

インターネット通販の利便性にはかないませんが

百貨店には別の強味があります

インターネットなど新しい技術をうまく利用して

集客力を高める百貨店や特別な強味を持つ百貨店

しか今後は生き残れません

 

アメリカで起こっていることは日本でも再現

することが多いので、日本の百貨店業界も今後

さらに淘汰が進むことが予想されます

 

【アメリカ広告費】インターネットの広告費19%も増加

【アメリカのFRBが追加利下げ】

【コンタクトレンズ】適切な使い方で清潔に保ち、負担を少しでも減らすことが大切

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


株式ランキング

↑いつも読んでくださりありがとうございます