【世界経済見通し】IMFは2019年の世界経済の成長率を3.2%に下方修正

【世界経済見通し】IMFは2019年の世界経済の成長率を3.2%に下方修正

こんにちはカスチクです

お金が同じ場所に留まりやすい状況が日本の経済の

停滞を招いている

 

 

 

日本政府が公表した経済見通しは世界景気の

早期持ち直しを前提としていますが、国際機関

などは米中貿易摩擦の影響で回復時期が

後ずれするとみて下振れリスクをより警戒しています

政府が十分に効果が出ると見込んでいる10月

消費税増税に伴う景気対策も、本当に効果が

出るかはわかりません

 

IMF2019年の世界経済の成長率を3.2%

下方修正しました

2020年には回復すると見込んでいますが

この予測にははっきりとした根拠がありません

日本の経済成長率はオリンピックが終わる2020年

0.4%に減速すると見込んでいます

 

イギリスEU離脱問題やアメリカが日本とEUに

求めている貿易交渉の行方も予断を許しません

イギリスのEU離脱問題は為替や株価に与える影響が

大きいのではっきりしてもらわないと迷惑です

日本国内のエコノミストは2019,2020年ともに

平均0.5%の低成長を予測しています

 

 

日本経済の先行き

 

エコノミストや金融関係者の経済の先行き予測や

株価予測は全然あてになりません

素人が適当に予想するのと同じようなレベルです

しかし、日本の低成長の予想は的を得ていると

感じます

 

米中貿易摩擦で輸出が弱い状態が続くことに加えて

景気対策を実施しても消費税増税後にある程度は

個人消費が落ち込むからです

 

消費税増税は愚策です

ほとんどの企業で給料が上がっていないのに物価や

消費税ばかり上がり続けているので物を

買いたくても買えません

 

物価が上昇していくのは資本主義で経済が

成長していくうえで当たり前のことです

しかし、同時に給料も上がっていかないのが

問題です

 

日本の平均給料は他の先進国と比べて低いです

他の先進国は平均給料が上昇していってるのに

対して日本の給料水準は何十年も変わっていません

日本企業は最高益を更新していても、社員の給料や

株主に還元しません

内部留保ばかり増やしています

 

これでは当然、物をが売れなくなります

物が売れなければ企業の収益は悪くなります

日本企業が社員の給料を増やさないことが企業の

収益を悪化させる遠因になっています

 

政府や企業が国民にもっとお金を回さないと消費は

増えません

資本主義はお金が回り続けないと発展しません

少子化で国内市場が縮小していくなかで政府は

国民にお金を回して消費を増やす政策をとることが

好循環を産み、最終的に税収や企業の利益が

増えることにつながります

 

お金が同じ場所に留まりやすい状況が日本の経済の

停滞を招いています

 

【アフリカ巨大経済圏】潜在性のある 巨大経済圏

【終わりの見えない米中貿易戦争】世界経済の停滞は免れない

【日本の経済失敗】失われた平成30年間マジ笑えない

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


株式ランキング

↑いつも読んでくださりありがとうございます