【在職老齢年金制度廃止】1番の老後の生活対策は何?

【在職老齢年金制度廃止】1番の老後の生活対策は何?

こんにちはカスチクです

じいさんになっても働くの嫌だから

コツコツ投資がんばる

 

 

 

働いて一定の収入がある60歳以上の年金を減らす

在職老齢年金制度について政府は廃止の方向で

検討することを経済財政運営の指針の骨太方針に

明記しました

 

廃止の理由として政府は人生100年時代を掲げて

希望者が70歳まで働けるよう高齢者の就業機会の

確保を進める方針です

 

元気な高齢者にも引き続き保険料を払ってもらい

社会保障を支えてもらいたいという思惑もあります

在職老齢年金制度とは会社員が加入する厚生年金の

受給者が対象で、賃金と年金の合計額が60~64歳

月28万円65歳以上月47万円をそれぞれ上回ると

年金が減額されます

 

また60~64歳で年金をもらっていなくても

月47万円以上収入があると年金が減額されます

働くと年金が減額されることから60~64歳の人の

就労意欲を削いでいるという指摘があります

 

 

不労所得をつくれば老後が楽に

 

65歳以上で賃金と年金が月計47万円になりますと

企業の役員などそれなりに収入があるとみて

現役世代の保険料負担に配慮して減額されます

 

70歳以上は年金の減額の条件が65歳以上

同じですが、保険料負担がありません

在職老齢年金制度の対象者は2016年度のデータで

60~64歳約88万人で支給停止額は約7000億円

65歳以上約36万人約4000億円です

合わせて約124万人が対象となり、停止額は

1兆1000億円に上ります

 

巨額の財源が必要になるので政府は段階的な縮小

廃止を計画しています

特に65歳以上に関しては廃止により、高所得者優遇

だと批判が出ることも予想されているので調整は

難航しています

 

年金関連の制度は度々変更されます

数年後にはどうなるかわかりません

しかも受給額は減らされるばかりで増えることは

ありません

 

将来年金のみに頼らなくてもいいように投資などで

不労所得を得られるようにしておくのが一番の

老後の生活対策かもしれません

 

【年金問題】年金パンドラの箱の底にあったのは投資

【年金頼み限界】今さらそれ言う?

【老後資産2000万円必要】100年安心はウソだったのか?

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


株式ランキング

↑いつも読んでくださりありがとうございます