【ベンチャー企業の出口戦略】ベンチャーの成功は上場だけではない

【ベンチャー企業の出口戦略】ベンチャーの成功は上場だけではない

こんにちはカスチクです

若者がイノベーションを起こす国は勢いがある

 

 

 

ベンチャーで新しい企業を起こす場合に、重要な

課題になるのが軌道に乗せた後、その企業を

どうするかということです

日本で話題になることが多いのはベンチャー企業が

株式上場をすることです

 

ベンチャー経営者の中には上場を目標にしている

人が多いです

実際にベンチャー企業を上場させて大きな資産を

形成している人もいます

 

しかし、アメリカで多くのベンチャー企業を

出しているシリコンバレーではベンチャー企業経営

で成功した人の中で株式上場までいくのは1割程度に

過ぎません

 

ベンチャーの成功事例の9割近くは大企業などに

技術や企業ごと買収されます

上場することで一般株主の評価を高めて株価を

上げて資産形成するのではなく、大企業などに

技術や会社ごと売り込むことの方が多いです

日本では少ないですが海外ではおかしなこと

ではありません

 

 

上場だけが成功ではない

 

ベンチャー企業は新しいことに挑戦します

多くの若者が新しいことに挑戦するのは

素晴らしいことです

固定概念にとらわれている人が多いおっさんよりも

頭の柔軟な優秀な頭脳を持若者の方が

イノベーションを起こせる可能性が高いです

 

アメリカではイノベーションを起こすのは

若者が多いです

ただ、そうしたベンチャー企業がある程度軌道に

乗ってきたら、そのビジネスや企業をしっかり

経営して、大きくしていくのは大企業の方が

向いている場合があります

 

企業を株式市場に上場させるためにはいろいろな

制約を受けます

それだけ、株主に対する社会的な責任が生まれます

注目を浴びていたベンチャー企業でも上場をした

後はうまくいかないケースも多いです

 

日本の実情をみるとベンチャー企業の成功例として

は圧倒的に上場の方が多いです

上場を目標にベンチャー経営者が努力している

という意味では立派なことですが、企業に買って

もらうという選択肢が限られているのは問題点です

 

よいアイデアや技術をある程度のところまで

発展させれば、企業が高い価格で買ってくれると

いう期待があれば、より多くの人がベンチャー起業

や新しい技術の開発にチャレンジできます

 

日本の場合にはその可能性がほとんどないので

ベンチャー企業を立ち上げようとする人は上場

という難しい目標まで視野にいれなければいけません

 

ベンチャーを買収しない日本大企業

 

日本では大企業がベンチャー企業を買収することが

少ないです

いろいろ理由がありますが、ひとつは日本企業の

自前主義が大きな要因です

 

日本の多くの企業は必要な技術やビジネスを全て

自前で行う傾向が非常に強いです

アメリカなどに比べて企業買収や合併が少ない点

にもそうした傾向が現れています

 

技術が大きく変化を続けて異質なものや新しい

取り組みをどんどん取り込んでいかない限り

ビジネスを進化させるのは難しい時代になっています

アメリカではGAFAなど大企業が新しいビジネスを

取り込み続けて急成長を続けています

 

日本では最近になってようやく

オープンイノベーションの重要性が言われるように

なってきましたが、遅すぎです

日本の大企業といえども世界の企業と戦うには

自前主義では生き残ることすら難しい時代に

なってきました

 

日本の大企業などがもっとベンチャーの技術や

ビジネスを買収して生かしていくという意識を

持つようになれば、日本企業の技術の進歩が速くなり

企業に買ってもらえるという期待や目標ができ

より多くのベンチャー企業が生まれます

 

日本でも企業はベンチャーを活用して、ベンチャー

企業は他の企業に技術ごと買ってもらえるという

好循環が生まれる未来を期待したいです

 

【ベンチャー起業】世の中の変化に優秀な学生は敏感

【ジョン・ハンケ】グーグルマップの生みの親

【アマゾンCEOジェフ・ ベゾス離婚】天才経営者でもしょうもないことで失敗する

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


株式ランキング

↑いつも読んでくださりありがとうございます

1日1回ポチお願いします