【老後資産2000万円必要】100年安心はウソだったのか?

【老後資産2000万円必要】100年安心はウソだったのか?

こんにちはカスチクです

自分の周りのパチンカスや馬券ファイターどもは

将来生活保護受給しそう

うぜええ

 

 

 

人生100年時代に向けた老後資金の必要性を

指摘した金融庁金融審議会の報告書を巡り

麻生太郎金融担当相は正式な報告書として

受け取らない意向を表明し、報告書は実質的な

撤回に追い込まれました

 

報告書はモデルとなる高齢者夫婦が95歳まで

暮らすには2000万円の老後資金が必要と指摘し

若いうちから資産形式に取り組むことに加えて

リタイア後も就業機会を求めるなど資産の

長寿化推進を提言しています

 

特に間違ったことを言っている訳ではありませんが

金融リテラシーの低い日本人には寝耳に水状態で

年金不安をあおったとして強い批判を受けて

切り捨てられました

 

貯蓄などを全くしていない人に急に

老後資金2000万円必要と言えばショックが

大きかったようです

 

しかし、年金頼みでは豊かな老後を過ごせないの

ではないか?という不安は誰も見て見ぬふりを

しているだけで薄々感じていたはずです

 

図らずも報告書の問題提起が公的年金制度の限界を

露呈してしまうという政府の本音が漏れました

しかし、選挙に都合が悪いからと政府は報告書を

なかったことにして国民を欺こうとしています

今さらなかったと言われても誰も納得しません

 

 

時代にあった制度への移行

 

将来的な負担と給付を正しく国民に伝えて課題が

あればどんな対策があるかを示して国民が安心

できる展望を描くことが政府の務めです

限界がある制度ならばすぐにでも辞めて

新しい制度に移行するべきです

 

舟が沈むのがわかっているのに何も対策しないので

あれば国民全員が沈没します

それとも日本の優秀な頭脳を結集しても代案が

思いつかないほど無能なのでしょうか?

今回の件で政府は国民の年金に対する不信感を

さらに高めました

 

ちょうど今年は公的年金財政の健全性を

チェックする財政検証の年です

まずは検証結果を示して実態を国民に

伝えるべきです

 

財政検証は5年1度、経済状況、人口、雇用情勢の

変化を踏まえて検証して経済成長のパターンごとに

現役世代の平均手取り収入に対する厚生年金

給付水準の所得代替率を示します

 

100年安心はウソだったのか?

 

政府は2004年の年金改革の際に給付水準の

所得代替率の50%を確保すると説明して下回る

場合は負担と給付の在り方を見直すとしていました

 

しかし、政府の言っていた100年安心は制度維持の

ことで給付水準を保証している訳ではありません

保険料を負担する現役人口の減少や給付を受ける

受給者の長寿化に合わせて給付水準が今より

低下していくのはあきらかです

 

これからは普通の老後を送るのには年金だけでは

足りない時代が来るのは明らかです

今までは弱者を救済してきた政府もこれからは

そんな余力はなくなっていきます

 

投資の勉強をして将来に備えないと老後に現在の

生活水準を保てない時代になっていきます

 

【年金頼み限界】今さらそれ言う?

【老後の資金不足】将来を見据えて節約や投資をして資産を増やす必要あり

【死ぬまで働くべし】65歳以上の雇用

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


株式ランキング

↑いつも読んでくださりありがとうございます

1日1回ポチお願いします