【アメリカと中国の技術格差】イノベーションの歴史が浅く、蓄積が少ないのが欠点

【アメリカと中国の技術格差】イノベーションの歴史が浅く、蓄積が少ないのが欠点

こんにちはカスチクです

世界から技術的においてかれている日本

 

 

 

米中貿易戦争が勃発してから1年が経ちます

トランプ大統領が中国からの輸入品に追加関税を

かける方針を表明するなど、両政府の交渉は

今だに合意に至っていないです

 

本当の問題は貿易の不均衡ではなく、中国企業の

技術力の進歩がアメリカに脅威と

みられていることです

 

広東省が中国のITの集積地として日本からも

学者や政治家などが視察に集まっています

40年前までは単なる小さな漁村でしたが

改革、開放の波に乗り、市場開放の玄関口に

なりました

 

香港から密輸された外国製品がここを経由して

中国全土へ売りさばかれていきました

中国全土から移民が集まって中国の縮図に

なっています

 

 

中国技術向上の要因

 

イノベーションの中心になった背景の一つは

北京大学など中国の名門大学の多くがキャンパスを

開設して人を育てているからです

技術革新の基本は人です

 

首都の北京から遠いところが利点になっていて

政治と行政から干渉されにくいため若者から自由な

発想が生まれやすくなっています

 

アメリカシリコンバレーと同じで人種や知識や

発想の多様性がイノベーションの土台になっています

しかし、イノベーションの歴史が浅く、蓄積が

少ないのが欠点になっています

 

東京の秋葉原のような電子部品の集積地として

発展し、ロボットやAIなどのIT技術が進歩しました

中国企業は歴史の浅い技術が多く、部品の調達や

供給網はアメリカからの輸入品に依存しています

 

ファーウェイZTEも重要な半導体部品は

アメリカ企業に頼っています

アメリカは中国企業にIT分野で主導権を

握られないように警戒しています

 

今回の貿易戦争はアメリカに有利です

しかし、アメリカと中国の貿易縮小は世界経済に

与える影響が深刻です

 

またアメリカは日本との貿易赤字も問題視しています

自動車などに大きな関税がかけられるように

なってしまうと日本経済にも甚大な悪影響を

及ぼすでしょう

 

【米中貿易摩擦】次世代の覇権を狙う中国と阻止するアメリカ

【中国最先端都市計画】日本メーカーにもチャンス

【儒教】宗教ひとつとっても中国、韓国とはわかりあえない

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


株式ランキング

↑いつも読んでくださりありがとうございます

1日1回ポチお願いします