【野村HD情報漏洩】変わらない悪徳体質

【野村HD情報漏洩】変わらない悪徳体質

こんにちはカスチクです

古臭い悪徳証券は衰退すればいい

 

 

 

野村ホールディングス東京証券取引所の

情報漏洩問題で責任を明確にするため

永井浩二CEOが月額報酬の30%3ヶ月間減額

するなどの社内処分を発表しました

 

問題となったのは東京証券取引所の市場再編に

関する東証1部上場企業の線引き水準の情報です

 

調査結果によりますと東証内部の議論に

参加していた野村総合研究所大崎貞和フェロー

野村証券で企業業績の予想などを担当していました

大崎貞和フェローがストラテジストへ東証1部の

線引きが250億円に落ち着く可能性が

高くなっていると記したメールを送信しました

 

ストラテジスト野村証券の営業社員ら7人に

この内容を伝え、さらに国内外の機関投資家にも

同様のメールを発信しました

営業社員も情報内容を一部改変するなどして自らの

顧客に次々と提供しました

 

当時は線引きが500億円になると取り沙汰されていて

250億円から500億円までの時価総額の企業の株は

買い戻されるかもしれませんと顧客に密かに売買を

促すような内容のメールもありました

 

大口の投資家は東証1部企業の株式を主な

運用対象としていて、東証2部に降格すると売買が

低迷する可能性が高いです

 

 

悪質な体質が変わらない野村証券

 

東証1部の線引きの水準が個別企業の株価に大きく

影響する重要な指標になると注目されていましたが

野村証券はこの関連情報を複数の機関投資家に

流していました

 

野村HDと野村証券は2012年に企業の公募増資に

関するインサイダー情報漏洩が表面化しましたが

市場の信頼確保を担うべき証券会社最大手で

再び情報管理の甘さが浮き彫りになりました

 

2012年から企業体質はまったく変わってなく

反省の色がないことが伺えます

 

日本一の証券会社は腐りきっています

そもそも野村証券が日本一の証券会社に

なれたのは顧客が損をするような悪質な

金融商品を売りつけたり、株をわざと頻繁に

売買させ手数料を稼ぐなど無知な個人投資家を

喰い物にしてきたからです

 

今回の情報漏洩問題では個人投資家は喰い物に

していて、機関投資家や大口の顧客などには

インサイダー情報を流していることが発覚しました

現在ではネット証券が普及して優良な証券会社が

増えています

 

野村証券のような腐った証券会社は

必要なのでしょうか?

 

【野村ホールディングス赤字】悪質な証券会社や銀行は低迷していく

【株主優待】優待もらって喜んでるの日本人だけ

【投信残高減少】

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


株式ランキング

↑いつも読んでくださりありがとうございます

1日1回ポチお願いします