【コンビニ消費税】ややこしいコンビニの消費税

【コンビニ消費税】ややこしいコンビニの消費税

こんにちはカスチクです

消費税上げると経済が冷え込んでいく一方の

ような気がする

 

 

 

2019年10月消費税増税に合わせて始まる

軽減税率制度を巡り、コンビニ各社は

イートインスペースのある店舗内で飲食する場合

レジでの会計時に申し出てもらうように求める

方針に決まりました

 

ポスターを掲示して周知して店側から利用客への

意思確認を原則では不要とします

2019年の10月以降、イートインスペースがある

コンビニで酒類を除く飲食料品を購入すると

持ち帰る場合は軽減税率の適用により消費税率は

8%で据え置かれます

一方店内で飲食する場合は外食扱いになり10%

課されます

 

 

客がどこで食べるかを確認する方法が課題でした

税率の違いを記した上でイートインスペースで

食事をする時はレジ会計時に申し出てくださいのと

趣旨の文言をポスターに記す予定です

 

国税庁が公表している消費税の事例集によりますと

持ち帰り前提のコンビニでは全ての顧客への確認は

不要でポスターなどを掲示して客の自己申告のみで

コンビニ側が意思確認をする必要はないとしています

 

外食の消費税

 

ちなみに外食は当然ですが、お持ち帰りのある

牛丼ハンバーガー屋は店内飲食は消費税が10%

持ち帰りの人が8%になります

マクドナルドなどは店内で食べる人が減りそうです

持ち帰りが増えると店の周辺でのゴミの

ポイ捨てなどが増えそうです

 

強者はテイクアウトをして駐車場で飲食をして

ゴミはもちかえるのは面倒なので、また店に入って

捨てそうです

ショッピングモールなどのフードコートのある

店舗ではすべてその場で食べるとみなされるので

税率は10%になります

 

特殊なケースではケータリングサービスや料理人が

出張して料理を提供する場合は外食扱いされて

税率が10%になります

 

私のような庶民には縁がありませんが、寿司屋や

フランス料理のシェフなどを呼んで食事を

するような方は当然税率10%になります

家で食べるから8%だろなどという屁理屈は

通らないのでご注意下さい

 

消費税を気にする人はテイクアウトなどを

うまく使い、お得においしい物を食べるといいです

 

【コンビニ売上高過去最高】暗部は一切報道されず

【コンビニオーナー救済】世間が騒いだら急に対策しだす

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


株式ランキング

↑いつも読んでくださりありがとうございます

1日1回ポチお願いします