【トヨタ投資】

【トヨタ投資】

こんにちはカスチクです

車まで世界のトップ層から脱落することがあると

いよいよ日本の産業やばいな

 

 

トヨタ自動車はアメリカへの投資拡大を発表し

アメリカ経済への貢献をアピールしました

対日貿易の不均衡を問題視し、日本車への

追加関税をちらつかせるトランプ大統領も

歓迎する意向を表明しました

 

4月に行われる日本とアメリカの貿易交渉に向けて

アメリカの態度を軟化させる狙いもあります

現在日本からアメリカへ輸出する時の関税は

約12%です

 

アメリカは今後この関税を25%へ上げようと

しています

 

追加関税が25%になった場合1台当たりの

コストは約67万円にもなり、トヨタの売上に

与える影響はかなり大きいです

 

貿易摩擦を恐れるトヨタ

 

トヨタは約830億円を投じてアメリカでの

生産能力を増強します

今回の投資の内容は日本から輸出する完成車の

生産の一部をアメリカへ振り替える方針です

 

ケンタッキー、ウェストバージニア、アラバマ

ミズーリ、テネシーの5工場が対象になります

また、エンジンやハイブリッド車の基幹部品の

現地生産も増やす予定です

 

この投資はトランプ大統領が自動車関税を上げよう

としていることや、日本車の輸出台数を

制限するような考えがあることに対する対抗策です

 

トヨタはアメリカでの売上が多いのでこれを

規制されると大きな痛手になります

そこで貿易交渉の前にトヨタがアメリカへの

貢献をアピールするために今回の計画を

発表しました

 

トランプ大統領もトヨタの動きを歓迎している

ことをTwitterで発表しました

日本政府関係者もアメリカへの貢献をいい

タイミングで示すことができたと貿易交渉への

好影響を期待してます

 

トヨタは輸入車への関税が引き上げられた場合

時間が立つにつれアメリカへの継続した投資が

難しくなると危機感を訴えました

 

現在アメリカの自動車メーカーはあまりぱっとせず

世界で昔のような存在感を出せていません

 

トヨタがこれからもアメリカへの貢献をしても

やはりアメリカは自国の自動車メーカーを世界一に

したいと考えているのでことあるごとにいろんな

制裁を加えようとしてくることが予想されます

 

日本企業が市場の狭い日本を離れ世界でシェアを

伸ばしていくのにはどの業界もいろんな壁に

あたります

 

その点、自国で大きな市場を持つアメリカや

中国企業は有利です

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


株式ランキング

↑1日1回ポチお願いします。毒素がUPします