【セブンイレブン】オーナー奴隷契約がなくなるような法律をつくってほしい

【セブンイレブン】オーナー奴隷契約がなくなるような法律をつくってほしい

こんにちはカスチクです

社畜は安い給料でこきつかわれるが、組織と

法律に守られている

 

 

大阪のセブンイレブン加盟店が便利さ至上主義に

反旗を翻し、深夜営業を一部取りやめました

営業時間短縮に踏み切った店舗はオーナーによる

典型的な家族経営です

 

学生アルバイトが大量に辞めて、その後の採用も

うまくいかず人手不足が発生しました

24時間営業が物理的につらいオーナーと

24時間営業してほしいセブンイレブン本部との

話し合いは平行線をたどっています

 

 

全国の店舗を統括する本部からすれば

社会インフラとして定着し、顧客に

支持されている24時間営業は辞めるわけには

いきません

 

いつでも店が開いているのがコンビニの強みです

24時間営業をやめれば昼間の売上も減ると

危惧しています

 

利益のみのセブンイレブン本部

 

見直しをためらう背景にはフランチャイズ経営の

特性もあります

本部が加盟店から徴収するロイヤルティーは

売上から原価を除いた粗利益から徴収します

そこには人件費などは考慮されていません

 

客の少ない深夜営業で加盟店の人件費がかさんだと

しても本部にとっては売上があがれば徴収できる

ロイヤルティーは増えるので営業時間短縮を

容認しません

 

コンビニオーナーは個人事業主と同じ扱いで

会社員と違い法律に守られていません

セブンイレブン本部と一旦契約を結んでしまえば

鬼のような支持にも従うしかありません

 

支持を無視すればセブンイレブンに契約を解除され

オーナーは路頭に迷うはめにあいます

このような奴隷制度を放置してないで

フランチャイズオーナーの権利を守る制度や

法律を整備する必要があります

 

他の企業の動き

 

人手不足は共通でも、直営店の多い外食では

営業時間見直しが先行して進んでいます

ファミリーレストランを運営するすかいらーくは

深夜帯の来客数が減少しているので、2012年から

営業時間を短縮しています

 

すかいらーくは労働環境の改善で人材確保に

つながっています

宅配業界ではヤマト運輸が正午から午後2時の

時間帯指定配達を廃止しました

 

社員の昼休憩を優先して客に我慢をしいた

形でしたが、苦情は目立たず心の広い客に

理解を得ています

 

最近は若者の数が減り、どうしても深夜に

活動している人が減っています

そのため深夜営業の店の売上はどこも

減少しています

 

そのうえ人手不足も相まって深夜の労働力が

確保できません

時代、地域、環境で最適な営業時間が異なります

誰かに極端な負担行かないような環境作りが

企業には求められます

 

間違ってもとんでもない契約を結んでしまう

情弱フランチャイズオーナーにはならないよう

にしましょう

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


株式ランキング

↑1日1回ポチお願いします。毒素がUPします