【ペルソナ3 】【感想 評価】

【ペルソナ3 】【感想 評価】

 

こんにちは カスチク です

今回はペルソナ3の感想や評価を書いていきます

 

 

【ペルソナ3】【おすすめパーティーとペルソナ】

 

概要

ペルソナシリーズのナンバリング第3作目です

2009年11月1日にPlayStation Portableに移植した

ペルソナ3 ポータブルがそれぞれ発売されました

PSストアでダウウンロードすればVITAで遊べます

 

学園都市を舞台にペルソナという特殊能力を

使う少年少女たちを主人公にしたRPGです

昼は学園生活を送りながら色々な人物と交流を深め

夜は影時間に出現するシャドウと呼ばれる謎の怪物と

戦っていきます

 

本作ではペルソナ同士を合体させることで

新たなペルソナを作ることが可能になりました

 

制作を真・女神転生III-NOCTURNEチームが

担当しており、同作のスキルの継承やスキルチェンジ

などの要素も導入し、ペルソナの育成が更に

奥の深いものになっています

 

戦闘は女神転生シリーズで好評だった要素が

導入されています

 

 

ポータブルの追加要素

 

主人公に女性を選ぶことができるようになりました

女性を選んだ場合、男性を選んだ場合とは仲間との

関係などが変化します

 

 

難易度が追加されました

フェス「EASY」「NORMAL」「HARD」に加え

最低難易度の「BEGINNER」、最高難易度の

「MANIACS」が追加されています

 

「BEGINNER」では復活アイテム黄昏の羽根

個数が「EASY」より増やされており

「MANIACS」では周回プレイでも引継ぎ要素が

一切なくなります

 

戦闘関連では仲間に指示を出すことが可能と

なりました

 

待機がガード(ダメージを軽減し、

弱点攻撃を受けてもダウンしない)になりました

 

主人公の使用可能装備は固定となりました

(男性:片手剣 / 女性:薙刀)

また、美鶴の使用可能装備は片手剣から突剣に

変更されました

 

ペルソナ関連ではペルソナ4に登場したペルソナの

タムリン、ネコショウグン、モコイ、セタンタ

本作にも登場します

 

また、一部のペルソナは容姿が変更されています

ペルソナがある程度に育つとスキルカード

手に入ります

 

ペルソナに使用することで、新たなスキルを

覚えさせることができます

ミックスレイドはスキルではなくアイテム

になりました

 

骨董屋で宝石との交換で手に入ります

 

 

感想

 

女主人公を選択してプレイしました

かっこ可愛いビジュアルのキャラクターたちに

ポップで明るい曲調の現代音楽サウンドが

おしゃれです

 

昼は学園物ラブコメで、夜は戦闘RPGという

異質な世界観です

初めてプレイする独特の世界観で、これは新しい

タイプの現代RPGだな!と直ぐに惹き込まれました

 

女神転生のイメージが強いため、正直なところ

シナリオはあまり期待していなかったのですが

これがなかなか奥が深いです

 

ストーリー後半で発覚する主人公の数奇な運命には

胸が傷んだぐらいです

 

戦闘はアトラスRPGなのでやはり非常に楽しいです

特に強力なペルソナを装備出来るようになると

戦略性が増してその楽しさがより一層増します

 

加えてペルソナ召喚の効果が秀逸で、バトル中に

オートで喋る仲間たちのセリフが面白いです

メンバーを入れ替えてそれぞれの掛け合いを

楽しんでいました

 

なおコミュニティでの仲間たちとの触れ合いが

斬新で非常に面白かったです

 

このような好感度を上げてランクアップしていく

ようなゲームをプレイしたことが無いため

とても新鮮でした

 

特に想像以上に楽しかったのが

恋愛要素への発展です

 

自分の場合は当初から美鶴しか眼中になかったため

気が付いたらペルソナ育成や依頼をそっちのけで

星コミュのランクアップを何よりも最優先に

励んでいました

 

半年以上かけて、じっくりと徐々に特別な関係に

発展していくのがとても素敵ですね

ただこのゲームは複数の相手と恋人関係に

なれるようなので、ちょっとそれはとも思いました

 

まぁゲームなので別にいいんですけど・・・