【スワップポイント】外貨預金をするくらいならFXスワップ投資

【スワップポイント】外貨預金をするくらいならFXスワップ投資

こんにちはカスチクです。

スワップは塩漬してる人の心の支え

 

 

 

スワップポイントとは、通貨同士の金利差により

得られる利益です。

高金利通貨を買って低金利通貨を売ることで、金利

の差額を受け取れます。

スワップポイントは日割り換算なので、毎日

もらえます。

 

たとえばドル円でトレードする場合、日本円金利

0.1%の時にドル金利1.0%だとすると、金利差である

0.9%を分割して毎日もらうことができます。

例えばドルが100円の時に金利差が0.9%だとすると

ドル円を100万円分買っていれば年間で約9000円

スワップポイントがもらえます。

 

レバレッジを5倍で取引すれば500万円分のスワップ

ポイントをもらえるので年間約45000円になります。

スワップポイントを狙ってトレードする場合は、

注意点がありますので詳しく説明していきます。

 

 

 

スワップポイントの注意点

 

マイナススワップは支払わないといけない

 

スワップポイントは利益になる場合だけでなく、

損失になる場合もあります。

FXでは買った場合に得られる買いスワップと、

売った場合に得られる売りスワップがあるからです。

 

FX会社のスワップポイント表を見ると、

買いスワップと売りスワップのどちらかはマイナス

になっています。

マイナススワップはトレードしている人が支払うと

いう意味なので、損失になってしまうのです。

 

買いスワップは必ずプラス、売りスワップは必ず

マイナスとはなりません。

通貨ペアによって異なるのでスワップポイントを

気にする人は確認してから取引をしてください。

 

 

土日をまたぐ場合は注意

 

新興国通貨をトレードする時、特に土日をまたいで

ポジションを保有するのは注意が必要です。

政治や社会情勢によって通貨が突然暴落する可能性

があり、スワップポイントのプラスマイナスが

反転してしまう可能性もあるからです。

 

土日は市場が休みなので、FX会社でも注文を

受け付けていません。

土日の間にあった出来事には対応のしようが

ありません。

そのため新興国の通貨を取り扱うのはなるべく

土日は控えた方がいいです。

 

スワップポイントを気にしないトレードをしている方

もレートの突然の変動があるので、土日や連休明け

の相場ではレートが急に変動する可能性を頭に

入れておいて下さい。

 

FXスワップポイントのメリット

 

放置していても稼げる

 

スワップポイントを狙ったトレードは中・長期が

基本で、ポジションを保有したら放置します。

高金利通貨でポジションを長期で持てばかなりの

スワップポイントを得ることができます。

 

スワップポイントが毎日もらえるFXは銀行で

外貨預金をするよりもお得です。

銀行では金利を毎日もらうことはできません。

スワップポイントは、ポジションを保有し続ける

限り毎日もらえます。

FXのほうが手数料が安いうえに利回りが良く、

レバレッジをかけられることも大きなメリットです。

 

初心者でも簡単にできる

 

スワップ投資はポジションを持つだけで利益が

発生するため、初心者でも簡単にできる方法です。

複雑なテクニカル分析をする必要がないし、

チャートと長時間にらめっこする必要もありません。

それに金利動向はテレビや新聞などのメディアから

情報を得られるため、見通しが立てやすいです。

 

スワップ投資に有効な通貨ペアを選ぶ

 

スワップ投資で選ぶべき通貨ペアは、通貨の信用

が安定しているものを選びましょう。

新興国の通貨は金利は高いですが、不安材料が多く、

長期的に持つのはリスクが大きいです。

 

米ドル・豪ドル・NZドルは比較的安定しているため、

スワップ狙いの方はこれらの通貨から慣れていく

のがいいです。

高金利通貨よりもスワップポイントは劣りますが、

外貨預金と比べると効率の良い金融商品です。

 

スワップポイント狙いおすすめFX会社

 

DMM.com証券

全通貨業界最狭水準のスプレッドで提供中!



【ヒロセ通商】1000通貨からできるFX


 

FXスワップポイントまとめ

 

スワップ投資外貨預金よりもお得で初心者にも

挑戦しやすい投資方法です。

さらにもらったスワップポイントで証拠金を

増やせば低いレバレッジでたくさんのポジションを

持てるようになります。

 

そうなればさらにたくさんのスワップポイントを

もらえるという、好循環が生まれます。

最後に一言、たくさんスワップポイントを稼ごうと

レバレッジを上げすぎないように注意してください。

 

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


株式ランキング